水晶クラスターの浄化方法

水晶クラスターでパワーストーンの浄化をしている人は多いと思います。

でもクラスターは浄化しない。という人も多いと思います。「クラスターは浄化しなくていい」といわれることが多いからだと思います。

でも、不思議に思いませんでしたか?クラスターも水晶でできていますよね。同じパワーストーンなのに浄化しなくていいのはなぜなんでしょうか?

結論から言うと、ブレスレットに悪い気が溜まるなら、クラスターにだってたまります。ブレスレットのパワーストーンのパワーが消耗するなら、クラスターのパワーも消耗します。

だけどブレスレットのように浄化に神経質になる必要はありません。ときどき気を使ってあげるだけでいいのです。

 

目次

水晶クラスターも浄化は必要

 

もともと水晶には気をためたり浄化する力があるといわれています。だから、厄除けやお守りとして水晶のブレスレとや水晶のお守り石が使われるのです。

この世には無限のものはありません

浄化

でも、ものには限度があります。パワーストーンにも限界はあります。人間の間隔で考えると無限に思えるものはあります。でも、無限の力を持つものはこの世にはありません。

ですから限界がどこにあるかによっては、無限と思って差し支えないものもあります。

例えば、ブレスレット。1センチ弱の石が数十個集まったものですね。重さにすると6mm玉のブレスレットで10~20グラム。8mm玉でも20g前後ではないでしょうか。男性が好んで使う10mm玉のブレスレットだと30g前後あると思います。

数十グラムの小さなものが常に人に触れているのがブレスレット。それだけ、さまざまな気にさらされやすいということです。良い気もあれば悪い気もあるでしょう。それを小さなブレスレットが守ってくれてるのです。

例えるなら、100人入る大食堂の食事を1人で作って運んでいるようなものです。とても大変です。石は休憩する暇がありません。いくら水晶に浄化の働きがあるといっても、とても追いつきません。だから悪気がたまってしまいます。その悪い気を取り除くのが浄化です。

ブレスレットを腕から外して置くと、ひとまずは悪い気からは開放されます。そのままでもいずれは元に回復するかもしれません。でも自浄作用にまかせていたのでは時間がかかります。

そこでクラスターの出番です。水晶クラスターの持つ浄化の力でブレスレットを浄化します。するとブレスレットは浄化されます。でも水晶クラスターに悪い気が移ってしまいますね。

普通はこれでも大丈夫なのです。

 

クラスターはブレスレットより浄化の力が強い

水晶クラスター

 

クラスターの自浄作用の方はブレスレットよりも大きいからです。

例えばブレスレットが20gだったとしても、クラスターが1kgだったらどうでしょうか。クラスターはブレスレットの50倍の重さがあります。つまり50倍も水晶が多いのです。ブレスレットなら一ヶ月以上かかる浄化もクラスターなら一日で終わってしまいます。

形も大切です。丸い形は溜め込むのに向いています。クラスターを作っている尖ったポイントは発散するのに向いた形です。水晶の結晶は、根本から成長して伸びていきます。根本から先端に向かって整然と水晶の分子が並んでいるのです。水晶のポイントは気の伝わり方がいい形なんですね。

取り込んだ悪い気を浄化して発散しやすい。出してしまえば取り込みやすくなります。お店に例えるとお客さんが入って食事してすぐに出ていくという回転率のいい店なんです。

つまり大きいから能力が高い、形がいいから回転率がいい。ということでブレスレットにたまった気なら一晩で浄化してしまえます。

だから、普通は気にしなくていい。

これが水晶クラスターは浄化しなくていい。といわれる理由です。

 

クラスターの浄化方法

でも思い出してください。この世に無限はありません。クラスターにだって限界はあります。

たんまり悪い気の溜まったブレスを毎日浄化していたら。一日も何個もブレスレットを浄化していたら。クラスターの限界をこえてしまうことがあります。

 

浄化

 

そんなときはクラスターを休ませてください。クラスターに何も置かない日を作ってあげましょう。

 

パワーストーンの浄化方法と注意点 で書いたような、日光にあてたり流水であらうのもいいです。

でも重いクラスターなら移動したり洗うのは大変ですよね。そんなときは置き場所を工夫しましょう。

風通しのいいところに置くのです。

風通しのいいところは気が流れやすいです。逆に空気の流れがないところには悪い気も溜まりやすいです。気の流れがよいところだと、クラスターも気を発散しやすくなります。回転率がよくなるのです。

太陽の光が当たりやすいところに置くのもいいですね。毎日、陽の光をあびることであなたが何もしなくても自動的に浄化してくれてます。

 

浄化する頻度は?

では、どのくらいの頻度で浄化すればいいのでしょうか?これは、クラスターの大きさ、浄化する石の大きさや回数、置場所で変わってきます。

僕の場合だと、500gくらいのクラスターを風通しがいい場所においておけば。ブレスレットを週に1、2個浄化する程度なら自浄作用の方が勝つようように思います。クラスターの浄化は必要ありません。

毎日浄化する場合はどうでしょうか。あなたが寝てるときだけブレスを外して浄化するのであれば。昼間のクラスターはフリーな状態ですよね。その場合は自浄作用とつり合っていると思います。特に浄化しなくていいです。

でも、あなたに良くないことが起こって悪い気が満ちているときはブレスレットにも気がたまっています。そういう日が続くとクラスターもやがて限界に来るかもしれません。

そんなときは時々クラスターを休ませてあげたほうがいいようです。

時々というのは、あなたが「なんとなくクラスターに元気がないような気がする」と思ったときです。石に元気がない、というのは変に思うかもしれません。クラスターの輝きとか雰囲気、なんでもいいです。あなたが「疲れているんじゃないか」「くすんでる気がする」と思ったら浄化すればいいいです。

 

とはいっても何か目安を教えてよ。

と思うかもしれません。そんなときは3ヶ月に一度。浄化しましょう。日光に当てたり、流水で洗ったりしましょう。一週間、ブレスレットや他の石をおかずにクラスターをそっとさせておくだけでもいいです。

いろいろ書きましたが。浄化にはこうでなければいけない。という規則はありません。あなたの気持ちに従えばいいのです。なんだか石が疲れているような気がする。という気持ちを大切にしてください。石を大切にする気持ちが浄化の基本なのです。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる