パワーストーンの本当の力を引き出す方法

こんにちは。天然石のお店・昴堂店長の矢野です。

パワーストーンを持ってるけど、全然効果ない。と思うことはありませんか?もしかすると、あなたの扱い方が間違っているのかもしれません。

パワーストーンは持っているだけでいいことが起こる都合のいいものではありません。石はあなたを幸運にしてあげようなどとは思っていないのです。あなたが積極的に石と関わっていないと石はあなたを無視します。

なぜそうなってしまうのでしょうか。パワーストーンのちからを引き出すために大切なことをお話します。

 

目次

天然石はあなたの先輩なのです 

天然石は長い年月をかけて、地球上で作られたものです。私達、人間や生き物と同じ地球上で産まれて今この姿で存在しているのです。ですから、天然石も渡したちも同じ地球の子供といえるかもしれません。

天然石はとても長い年月をかけて作られたものです。何万年、何百万年という長い年月をかけて作られました。あなたよりもずっと先輩なのです。そんな天然石に不思議な力が宿っているのではないかと考えても不思議ではありませんよね。不思議な力を持った石、それがパワーストーンと呼ばれているのです。

 

人と石の違いに気づくこと

でも、人間と天然石は決定的に違う部分があります。人間は生き物ですが、天然石は生き物ではありません。当たり前ですよね。

天然石は生き物ではありません。つまり自分の意思を持って行動はしないのです。

このブログでは、お話をするときに「例え」としてモノに意思があるかのように表現したり、擬人化して説明することはあります。でも、現実には天然石には自分の意思というものはないのです。

意思がないということはどういうことなのでしょうか?

天然石はあなたの希望を察してはくれないということです。

つまり、持ってるだけであなたに突然幸運が訪れることはありません

がっかりしましたか?でもそれが事実です。パワーストーンは薬ではありません。持ってるだけではただの石なのです。例え、凄いパワーがあるといわれるヒマラヤ水晶が目の前にあったとしても。置いてあるだけではただの石です。例え石にすごいエネルギーがあったとしても、石が自主的にあなたを幸運にしてくれるなんてことはありえません。

もし石を置いてるだけで大金持ちになるなら、パワーストーンを置いてる店が真っ先に大金持ちになってるはずですよね(なってる店もあると思いますけれど)。

持ってるだけ。置いてるだけ。では何かが足りないのです。その何かに気づかないまま、いくらパワーストーンを身に着けてもアクセサリーとしての役目しかありません。

 

 

パワーストーンはあなたを映し出す鏡

ではどうすればいいのでしょうか?

それはあなたの方から石に働きかけることです。あなたが石の持つ力を引き出さなければいけないのです。しかもうまく引き出してあげないと、望んでいない結果になることもあります。間違った使い方をすると逆に悪い結果になるかもしれません。

そうです。石はとってもデリケートなのです。

あなたから積極的に相手にしてあげないと振り向いてくれない。でも、付き合い方を間違うと怒ってしまう。パワーストーンはわがままな恋人のようなものです。でも、うまく付き合えばあなたにとって良い結果をもたらせてくれます。

意思のない物のはずなのに、デリケートな恋人のように扱わないといけない。なんだか矛盾していますね。なぜでしょうか?それはパワーストーンは鏡のようなものだからです。あなたが良い行いをすれば、良い方向に返してくれます。逆に悪い行いをすれば、悪い結果になります。

でも、こわがることはありません。ルール通りにすれば問題は起こりません。パワーストーンとの付き合いは、人付き合いと同じです。こんなことをすれば喜ぶだろう。気持ちがいいだろう。と思えることを石にしてあげるのが基本です。

意思がないものに対して、喜ぶようなことをするのは変だと想うかもしれません。石に対して行ったことはあなたに戻ってくるのです。いい加減な行いをしていると、それなりの結果しか得られません。

 

パワーストーンでいちばん大切なこと

漠然とした話になってしまいましたが、とても大切なことなのです。形だけ方法を真似てもパワーストーンの力を引き出すことを出来ませんから。「あなたから石に働きかける」「正しい方法で働きかける」それが、パワーストーンの基礎だと思って下さい。

どんなに優秀な警察犬だって、いいかげんに育たり、訓練をしなければ警察犬にはなれなかったでしょう。それと似ています。石にはパワーがあります。でもそれは隠れているものです。石の潜在力を引き出すのはあなた自身なのです。

このブログでは具体的な石の使い方も紹介していきます。

今後とも宜しくお願いしますね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる