ペアメノウの本当の意味は

パワーストーンの知識

こんにちは。天然石のお店・昴堂店長の矢野です。

今回は開運アイテムとして人気のペアメノウを紹介します。メノウとは、古代中国より豊かさの象徴とされてきた石なんです。パワーストーンとしてはとても古い歴史があるんですね。もちろん普通のメノウを飾ったり身につけるだけでもいいです。でも、もっと縁起のいい飾り方があるというので、注目されているのがペアメノウなんです。

意外と誤解されてる人も多いようなのであたらためてペアメノウとは何なのか紹介しますね。

 

 

 ペアメノウの意味

 

呼んで字のごとく、2つのメノウです。

「ペアになってる」と聞いて何を連想しますか?

仲のいい二人を思い浮かべませんか?

そうなんです。ペアメノウには人間関係を良くする願いが込められています。

でも、ただ2つあるだけではありません。ペアメノウはもともとはひとつだった石です。

もともとはひとつだったのに、今は別々になってる。だからお互いを呼びあって、もとに戻ろうとする。そんな力が働くんじゃないか。と考えられてきたんですね。

だからペアメノウはカップルや夫婦の仲をよくする開運アイテムとして人気なんです。恋愛中のカップルでもいいですし、すでに結婚している夫婦でもいい。とにかく二人が惹かれあう存在になりたい。と願う人達に人気があります。とくに遠距離恋愛や単身赴任中の方にはいいかもしれません。お互いがひとつづつを持って、お部屋に飾ればお互いの心を離れないように。と願うなんてとてもロマンチックですね。

 

ペアメノウってどんなものなの?

ところで、ペアメノウと似たものに、トレジャーメノウがあります。ジオード、晶洞という言葉もよく聞きますね。でも似てるようだけど、ちょっとずつ違うんですね。

ジオード

ジオード(geode)とはもともとは鉱物用語なのです。鉱物の中にできた空洞のことを意味します。漢字では「晶洞(しょうどう)」と書きます。

だからペアになってる必要はありません。空間があることが大切なんです。半分だけのものでも、穴があいていれば立派なジオードです。

鉱物用語なので、水晶やメノウだけがジオードではありません。大きな穴(空洞)のある鉱物の塊は全てジオードなんです。

パワーストーンの世界では大きな空洞のあるものが価値が高いとされますね。

ちなみに画像のジオードは売り物ではありません。個人的に所有しているものです。良い商品が入荷したら販売したいですね。

 

 

トレジャーメノウ

トレジャーメノウは聚宝盆(ほうじゅぼん)とも呼ばれます。聚宝盆はもともとは中国の伝説にある、宝の湧き出る鉢のことです。そこから財運の象徴として凹みのあるメノウを聚宝盆と呼ぶようになりました。パワーストーンの世界ではトレジャーメノウと呼ぶことが多いです。トレジャーは英語で宝(treasure)の意味。そならtreasure agate(トレジャーアゲート)と言うべきじゃないの?というつっこみはなしにしてくださいね。日本ではトレジャーメノウの言い方が広まってるので当店でもトレジャーメノウと呼びます。

 

ペアメノウとトレジャーメノウの違い

もともと一つだったメノウが2つにわかれているというのはペアメノウとトレジャーメノウはおなじなんです。でも分かれ方が違うんですね。

ペアメノウは左右に別れています。トレジャーメノウは上下に別れています。どちらも窪みがありますね。とくにトレジャーメノウの場合は宝を貯めるという意味があるので、下のメノウは大きな窪みがある方がいいとされています。

ペアメノウの場合は、どちらが大きい方がいいとかはあまり考えません。むしろ左右均等なほうがバランスとしてはいいですね。

 

つまりまとめるとこういうことです。

・穴(空洞)のある鉱物はなんでもジオードと呼びます。
・トレジャーメノウもペアメノウもどちらもひとつの塊を2つに分けたものです。
・トレジャーメノウは上下に別れています。
・ペアメノウは左右に分かれています。

簡単にいうとこういうことなんですね。でも、どんな形のものでも、あなたが気に入ったものならそれが一番だと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました