水晶とクリスタルの違い。クリスタルの本当の意味とは

水晶の不思議

こんにちは。天然石のお店・昴堂店長の矢野です。

何気なく使ってる人の多い”クリスタル”という言葉。あなたも”クリスタル”を”水晶”のことだと思ってるのではないでしょうか?でもそれは違います。クリスタルと水晶は本来は別のものなのです。

クリスタルと水晶の違いについてお話します。

クリスタルの意味 

”クリスタル”とはは英語の”crystal”のこと。”crystal”を日本語に訳すと”結晶”という意味になります。そうなんです、クリスタルは”水晶”ではなくて”結晶”のことなんです。水晶だけを意味する言葉ではなかったんですね。もともとは氷を意味する古い言葉がクリスタルの由来だといわれています。

結晶とは分子や原子が規則正しく並んで成長した物質です。規則正しくならんでいるから規則的な形をしています。水晶の結晶がこのように六角形の柱のような姿をしているのも結晶だから。分子が規則正しく並んでいるから整った姿をしているんですね。

 

結晶になるのは水晶だけではありません。理科の実験で食塩やミョウバンの結晶を作った経験はありませんか?食塩をお湯に溶かして冷やすと四角い結晶ができましたよね。それが”クリスタル”なんです。科学的には塩化ナトリウム(食塩)の結晶。普段食べているザラザラした食塩も小さいですが結晶になってます。一つ一つの結晶が目に見えないくらい小さいだけなのです。

英語で水晶のことは”quartz”

クリスタル”crystal”が水晶のことでないなら、英語で水晶の呼び方はなんというかわかりますか?

 時計なんかによく書いてあるやつですね。そうです。”QUARTZ”です。クォーツとは水晶のことなんです。でも「クォーツって石英じゃないの?」と思ってませんか?石英も水晶も英語では区別がないんです。

石英も水晶もどちらも二酸化珪素の結晶です。日本では透明で結晶の大きい石英を水晶と呼ぶことが多いです。でも決まりはありません。水晶の定義自体があいまいなんです。

 

では英語で特別に透明な水晶の事を表現するときはどうしているのかというと、”rock crystal”と呼ぶのが一般的です。 他にも、”clear quartz”、”crystal quartz”という呼び方もします。ロッククリスタル、クリアクォーツ、クリスタル・クォーツですね。とくにこの言葉じゃないといけない。と決まってるわけではないようです。

水晶のことをクリスタルだと誤解する原因になったのも、ロッククリスタルやクリスタルクォーツという言葉だったのかもしれません。

”携帯電話”を略して”ケータイ”と呼ぶような感覚に近いかもしれませんね。クリスタルクォーツがいつの間にかクリスタルだけになってしまったのかもしれません。

クリスタルは大自然の不思議

というわけでクリスタルは水晶ではないというのは分かってもらえたと思います。でも鉱物の世界は結晶の世界とでもいっていいほど沢山の種類の結晶があります。結晶を作る素材の違いによって結晶の形も変わってきます。それが自然のおもしろいところです。

そんな自然の不思議に触れられるのも天然石の魅力だと思うのです。

 

天然石のお店 昴堂(すばるどう)

コメント

  1. 龍雷電 より:

    私はアメリカに住んでいたものです。クリスタルは、結晶、それ自体は間違いないですが、それ以上に、クリスタルはガラスを意味します。私がクリスタルが欲しいというと、スワロフスキーのガラスの置物を案内されました。水晶が欲しければ、まさにおっしゃる通りクオーツです、正しくはクォーツクリスタルです。アメリカでは、クリスタルでは全く通じないことが良くわかりました。

    • 昴堂店長 より:

      龍雷電さんこんにちは。
      クリスタルをガラスと呼ぶのは商品名が一般に広まってしまった例ですね。小型飛行機を「セスナ」、無限軌道を「キャタピラ」と呼ぶのと似ています。言葉の由来としては「?」と思う場面もありますが商売人にはそれで広まってしまってますから、買い物をするときはそちらの用語にあわせたほうがいいでしょうね。貴重な情報をありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました