パワーストーンはどうして浄化が必要なのでしょうか?

こんにちは。天然石のお店・昴堂店長の矢野です。

パワーストーンは浄化が必要だといわれます。なぜでしょうか?物なんだからずっと使っていればいいじゃないの?面倒なことをしなくても、使えなくなったら捨てればいいんじゃないの?なんて思ってませんか?

でもそれではどんなに高価なパワーストーンを持っていても効果はありません。パワーストーンに働いてもらうには浄化が必要なんです。その理由をお話します。

 

目次

パワーストーンの浄化が必要なわけ

悪い気がたまる?

それはパワーストーンが悪い気を吸い取ってくれるから。でもそれだと、悪い気がパワストーンにたまってしまいます。石にだって限界があります。ずっと身に付けたり使っていると石が力を発揮できなくなります。悪い気を溜め込んだ石が逆にあなたに悪い影響を与えることもあるかもしれません。そうなるとパワーストーンではなく呪いの石になってしまう可能性もあります。「さいきんなんだか調子がよくないな」「ブレスレットを付けてるのに良くないことばかり起こる」と感じたら、もしかすると石に悪い気がたまってるからかもしれません。

モノだって休憩が必要

それに働き続けた石だっていつかは疲れてしまいます。もちろん石は生き物ではありませんから、本当に疲れているかはわかりません。人間に例えると疲れている状態なんだと思ってくださいね。自動車だって常に全開で走り続けたら壊れてしまいます。どこかで休ませなければいけません。物は喋りませんからついつい働かせ続けてしまいます。でも「物だから休ませなくていい」なんてことはないのですね。赤ちゃんやペットと同じです。言葉をしゃべらないからこそ、あなたが気をつかてあげないといけないのですね。

浄化は感謝の気持ち

物に感謝なんておかしいでしょ。と思いますか?パワーストーンを物だからといってこき使っていませんか?利用するだけ利用して使えなくなったら捨てるなんてことはしてませんか?

パワーストーンは消耗品ではありません。たしかにパワーストーンだっていつかは働けない日がくるかもしれません。でも、それまでは大切にあつかってほしいのです。ものにだって気持ちはあります。「そんなばかな」とおもうかもしれませんが。昔から日本人は物にも魂が宿ると考えてきました。長く使っていた物に魂が宿って、捨てられたら妖怪になる。なんて話を聞いたことがありませんか?物を大切にしなさいという教訓なのかもしれません。でも相手がモノでも、大切にする気持ちは必要なことなんです。人は言葉をしゃべらない人(モノ)、抵抗できない人(モノ)にはつい本音が出てしまいます。ひどいことをしてしまったり、いい加減なあつかいをしてしまったりします。その人の本性が出るのですね。そんな裏表のある人をあなたはどう思いますか?

あなたが使ってるものなら、大切にしてほしいと思います。大切にする気持ちの現われが浄化なんです。

あなたの身につけたパワーストーンは働いている状態です。ずっとブレスレットをしているということは、ブレスレットがあなたのために働いているのです。どこかで休ませないといけませんね。休む場所は座布団の上でもいいのですが。パワーストーンは石ですから、柔らかい座布団よりも石でできたクラスターの方を喜びます。本当に喜んでいるのかはわかりません。仲間なんだから喜ぶはずですよね。クラスターは石のアイテムの中では一番自然に近い状態を保っています。水晶を作るケイ素は石の中でも最もたくさんあって最も基礎的な成分。大地にはごく普通に含まれている成分です。だから大地にいるときに近い状態になるのですね。

故郷に戻って安心できる場所。石にとって故郷のような場所が水晶クラスターなんです。もしかすると人間の勝手な思い込みかもしれません。でも大切に扱う気持ちを態度にすることは大切ですよね。常に態度にあらわしていると気持ちまで本当にそのようになっていきます。そこから運が開けてくることもあるかもしれませんから。

パワーストーンの浄化は石のためだけでなくあなたのためにもなるんですね。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる